もうすぐお迎えする前に|IVFという手段がある|希望を捨てないで

IVFという手段がある|希望を捨てないで

もうすぐお迎えする前に

乳児

いつ産まれてもいい時期

妊婦のお腹が目立ってくると、大体何か月になるのか気になる方もいるでしょう。臨月ともなると、いよいよ出産が間近になるというイメージを持ちますが具体的にはどのくらいなのでしょうか。それは、一般的に妊娠10か月目の在胎週数36週から39週6日のことを指します。そして臨月から出産予定日まで1か月ということになるのです。すなわち臨月は産み月となり、出産に向けての準備が本格的になるころです。胎児はだんだんと子宮口へと降りていき、妊婦のつわりが楽になっていきます。胎児の内臓なども完成し、大きさも体重も増加していきます。そうなると妊婦のお腹はさらに張って、胎児の成長を直に感じることができるでしょう。もうここまでくるといつ産まれてもいい状態なので、心身ともにリラックスして赤ちゃんを心待ちにしていてください。

無理をしない程度に

臨月になると身体を休めて安静にしておくのがいいですが、まったく動かないのは良くありません。出産に向けて少しでも体力を付けるためにも、ウォーキングなどの軽めの運動をしましょう。ただ、決して無理をしないようにして少し歩いたら立ち止まって休むといった程度にします。暑い時期は熱中症にならないようにし、こまめな水分補給を忘れないようにしてください。また臨月の場合、夜に十分な睡眠がとれないことがあります。そのときは無理に寝ようとせず、ゆっくりと横になったまま身体を休めるだけでもいいです。その代わり、昼間など眠れるときに睡眠を確保するようにしましょう。そして手元にはいつでも連絡がとれるよう、携帯電話を用意しておいてください。心配なことや気になることがあれば、医師や家族に相談することも大切です。