胎児には葉酸が重要です|IVFという手段がある|希望を捨てないで

IVFという手段がある|希望を捨てないで

胎児には葉酸が重要です

サプリとレディ

胎児の異常を予防する

葉酸サプリは、妊娠時に非常に有効性のあるサプリとして近年注目されています。それは、十分摂取することで胎児の先天性異常を引き起こす「神経管閉鎖障害」を、70%から80%という高い確率で防ぐことができるからです。葉酸という栄養素には赤血球を作成する働きがあり、赤血球不足による貧血を防ぐ効果があります。さらに補酵素としての役割もあり、タンパク質などを合成し健康な体を維持するための助けにもなります。葉酸はポリグルタミン酸として野菜などにも含まれていますが、体内に吸収されにくいという特徴があります。葉酸サプリにはプテロイルモノグルタミン酸という葉酸が含まれていて、こちらは80%以上という高い吸収率になっています。またビタミンB12には、葉酸と同時に摂取するとお互いの効果を助け合う効果があるので、ビタミンB12の含まれている葉酸サプリも推奨されています。

摂取する時期が重要

神経管閉鎖障害を予防するために、葉酸サプリを摂取する必要のある期間は、妊娠前から妊娠初期と言われています。また、妊婦にとって自分が妊娠初期であるかどうかは判断しにくく、気付いた時には妊娠初期を通り過ぎてしまっているという可能性を考えると、妊活中からの摂取が万全です。さらに、葉酸サプリの中にはモノグルタミン酸型に化学合成されたものもありますが、肝臓・腎臓への負担になったり安全性に疑問があることから、できるだけ天然成分由来の葉酸アプリが推奨されています。他にも赤ちゃんの健康のために、保存料・人工甘味料・香料といった化学合成添加物が入っていないことも、葉酸サプリを選ぶ際に注意しておいたほうが良い点です。口コミや広告に惑わされず、自分でしっかりと成分や含有量を調べて購入することが大事です。